お金をつかおう!

今年の6月に、国の借金が1039兆円に…というニュースがあったことは覚えていますでしょうか?
国の借金が1039兆円て、どこにそんなに借金してるの??と思ってしまいますよね。

あれはニュースなどの書き方がすごく悪いように思います。
日本国が借金をしている相手は…日本人です。

え?日本が日本人に借金?
どういうこと?と思いますよね?

国は国債というものを発行していて、人々はそれを買うことが出来る訳です。
国債という読んで字の如く、国の債務のことです。

なぜ人々は国債を買うのかと言うと、利息が付くからなんです。
ただ単にお金を持っているよりも、少しでも金利が付くものを持っていた方が得ですよね?
しかも相手は国ということで信頼感で言えば申し分ない訳ですから、人々は国債を買うということなんです。

その総額が1039兆円。
つまり、日本国が国債を売った総額が1039兆円ということなんです。

ですので、別に借金があるからいってヤバい訳ではなく、そのお金のほとんどは日本人が持っているということなんです。

そう考えると報道の表現方法に悪意を感じませんか?
小学生があのニュースを見たらきっと国はものすごく貧乏なんだ、ヤバいんだ…と思ってしまいますよね。

ですので、タイトルにもなっている通り、日本人がお金をつかえば、その分税金として国の収入になる訳ですから借金はどんどん減っていくということなんです。税収が増えれば、国の福利厚生なんかも充実するでしょうし、そうなれば今よりも明るい未来になると思います。

お金をつかわないことこそ最もやってはいけないということを気付くべきなんです。
生活が出来る範囲でどんどんお金をつかいましょう。

それこそが豊かな日本の正しい生き方なのだと思います。