一度疑ってみること

私は節約って意外に簡単なことだと思っています。意識すれば意外にはかどりますし、楽しみながら節約する方法もたくさんあります。
ですが、そんなにうまくいかないのが世の常です。ですが今回はパッと目に見えて成果が見えやすい、裏を突いた節約法をご紹介したいと思います。

まず、節約とは支出を抑えることです。支出の種類には2種類あることを皆さんはご存知でしょうか?
それは、毎月の支払の金額が決まっている”固定支出”と”変動支出”です。
固定支出とは、家賃や保険料等のことです。
変動支出とは、食費や光熱費などのことです。
ここで重要なポイントは、節約をしようと考え行動している方たちの大部分が”変動支出”を抑えようとしているということです。私自身もよくあることなのですが、結婚式にお呼ばれしてお祝儀代でまさかの出費をすることや年末年始の飲み会で”変動支出”が増えてしまうことがあります。
「節約するぞ!」、「○○円節約出来るまで飲みにはいかない!」など、強い気持ちを持っている方であれば全く問題はないのですがそんなわけにもいかないですよね。
”固定支出”は一回見直して削減してしまえば、永遠にその金額のままです。周りの状況に左右されないのです。逆に言いますと、”固定支出”について何も考えず仮にそこに無駄があったとしても永遠と払い続けてしまうことにもなりえるのです。
第一歩としては、”固定支出”とは何なのかについて考えて支払い額に対して本当に納得できるかということも考えることです。
私が一番見直しやすいと思う費用はズバリ、家賃です。保険料等だと知識がない方では時間がかかってしまいますが、家賃の場合は単純です。あなたの家賃は収入に対して贅沢過ぎはしませんか?一度、家賃に対しての費用対効果を考えてみましょう。
新しいアパートやマンションに引っ越すも良し、今ではシェアハウスというものがありますのでそちらに引っ越すのも良しだと思います。
特にシェアハウスは、家族じゃない人と住むことでストレスが溜まることもあるかもしれませんが、自分の世界が広がりますよ。単純に家賃が安くなって節約もできますしね。
数か月、数年と期間を決めてそういう生活をしてみるのもいいかもしれませんね。

次に見直しやすいと思う費用は通信費です。
通信費で一番金額が大きいのはスマ―トフォン利用料だと思います。スマートフォン利用料は簡単な手続きで抑えることができるのでおすすめの節約方法です。
具体的な方法としては、契約プランの変更、利用キャリアの変更などがあげられます。
とくに、利用キャリアの変更は、最近では格安SIMと呼ばれる、大手キャリアに比べて月額利用料が大幅に安いSIMもあります。
比較サイト(格安SIMカード比較)も充実しているので、自分にあったSIMを見つけて節約してみてくださいね。